面接・入社・転職についての解説

こだわりキーワード
勤務地

最近検索された求人ワード
トップ > 面接・入社・転職に関して

面接・入社・転職に関して


面接時に気を付けるポイント

面接は見た目が一番大切!面接にいく際には派手な色の服装よりなるべく黒などの色を好んで選んだ方がいいと思います。

明るい色は印象に残りやすいが責任感があるのかなと見た目だけで疑われてしまうからです。髪は清潔感を保っていくべきです。前髪が長い人と短い人で見た目から印象が違います。前髪が長いと暗い印象をもたれてしまってマイナスになってしまいます。

まずは見た目から面接官に気に入ってもらいましょう!面接官の質問にはなるべく面接官の目を見ていいましょう。目を見ると緊張してしまうという方は面接官の喉をみて話せばいいです。面接官との距離があるはずなので目を見てはなしてると思ってくれるからです。

後は焦らずゆっくり相手に聞こえる声量で面接というよりお話を楽しめれば完璧です。一つ一つの動作を見られているのでお辞儀などはなるべく丁寧に行って下さい。

退職時に気をつけるポイント

退職が決まったら、退職の意向を伝える順番が重要になってきます。まずは直属の上司から伝えるのが妥当でしょう。間違っても、会社の同僚や他部署の人たちから先に報告してはいけません。

また、メールやお酒の席などで退職の意向を伝えるのは言語道断です。退職は会社にとって大きな損失となります。必ず、直属の上司に時間を取ってもらい、二人でゆっくり話せる状況にしてからきちんと報告するようにするのがポイントです。

直属の上司に報告した後は、今後の身の振り方を相談するようにしましょう。同僚たちにはいつ退職の旨を発表するのか、仕事の引き継ぎはどうするのか、決して自分の判断で決めてはいけません。必ず上司に相談して助言を仰ぎましょう。

退職届の書き方や提出方法とは?

退職する際には、まず上司に相談して退職日などを決めます。ここで、自己都合で退職する場合は、退職届ではなく退職願と書くのが一般的です。人事に会社指定の用紙があるか確認し、ない場合は自分で便箋を用意します。

書き方は、インターネットで検索すると例文があるので、参考にするといいと思います。退職理由については、転職とは書かずに「一身上の都合により」と書きます。書き終わったら捺印して、封筒に入れます。おもて面には退職願、うら面には部署と氏名を記載し糊で封をします。

提出方法ですが、上司に直接手渡しします。ただ会社により人事や直接社長に提出するところもあるようなので、事前に確認が必要です。また、会社の就業規則で退職日の何ヶ月前に出さなければいけないかをしっかり確認して、早めに提出することが大切です。