転職の失敗談を集めました

こだわりキーワード
勤務地

最近検索された求人ワード
トップ > 転職の失敗談

転職の失敗談を集めました



面接時と全然違う店長にびっくり!

販売接客業をしていた中であれほど驚いた事はありませんでした。

面接の時の会長の話に違和感を感じましたが、売り場に出て、ビックリしました。 比較的若い人の多い売り場で、店長と私は同年代でした。初日からスタッフの何とも言えない緊張感に嫌な感じはしたのですが、すぐにその理由を知る事になりました。

店長が強烈な人はでした。

働き出して2、3日後、こんな出来事がありました。他のスタッフが品だしした商品の並べ方が違うと店長が怒り、3人のスタッフを並べてお説教が始まりましたが怒りが収まらないのか激昂して、怒鳴りながら商品を投げました。信じられない事に開店中にです。 その後、機嫌取りのスタッフとレジの中で延々、そのスタッフの悪口。

私に対しても店内でぺーぺーの癖にと怒鳴り、接客が上手いからって何よっ!と言って完全に私を敵視していました。

お店の為に一生懸命やるより彼女に気に入られなければならなかったようです。

1度、若いスタッフになぜここにいるのか?聞いたのですが、バイトでも年金、保険をつけてくれるからとの事。会社はしっかりしていたので残念ですが、長く働けそうに無いので、試用期間で辞めました。

毎月毎月のノルマに耐えられませんでした

以前の実際の転職の失敗談について紹介したいと思います。

経験を生かして仕事をしようと思ったのがある会社の求人をハローワークで紹介させてそれが宝飾関連のセールスの仕事でした。

会社は毎月毎月課せられるノルマの金額が大きいので1回も売れない時には針の筵にいるような気持ちで過ごさなければならない会社だったので同期の仲間はそれに耐えられなく借金を背負ったまま辞めていく子も多かったのです。

売上こそ多少あったのですが自分自身の分もありつまりは借金を背負わされてしまったのでこの会社を出た後は返済のためで非常に苦労しなければならなかったというの大きな失敗談だと思っています。

現在何かのセールスを考えられている方は失敗談を参考にして営業関連の会社に入っても絶対に商品は買わないように気をつけましょう。

準備せずに説明会に行ったら面接だった!?

少し興味のあった企業から説明会の案内メールが届いたので、気軽に参加しました。

すると、説明会終了後、なんと面接がありました。単純に説明会だけだと思っていたので、きちんとした事前準備ができておらず、結果は不採用でした。やはり面接が予告されていなくても実際は何があるかわからないので、急に面接があっても慌てないように、なにかしらに参加する場合は、準備をして万全の体制でいなければならないと痛感しました。

受け答えだけでなく、服装も含めてです。企業も日頃からきちんとしている人を望んでいます。転職活動中は、髪色は明るくしない、長い髪は束ねる、ネイルも短めに整えマニキュアは落としましょう。基本的なことですが、特に働きながら転職活動をしている場合は、爪などまで気がつかないこともありますので、ご注意下さい。