ブラック企業求人についての説明

こだわりキーワード
勤務地

最近検索された求人ワード
トップ > ブラック企業求人について

ブラック企業求人について



よくいうブラック企業とはどんな企業?

ブラック企業というのは具体的にどのようなものなのでしょうか。

一般的にブラック企業というものは、簡単に言うと入った人間が会社に使いつぶされることですが会社に残って残業をしているのに給料が入らないと言うサービス残業や、また労働環境が著しく悪いのを隠して入社させたり、求人情報と全く違う仕事を平気でさせるという企業のことです。

また例で言えば工場の作業現場等で指を機械に挟んでしまっても、労災にはせずそのまま働かせることや怪我をしたことを労災として言わせないようにするなどと言うことを平気でする企業の事でもあります。

このようなブラック企業は面接時には労働環境を隠し後から気づくことがあるのできちんと派遣社員でも社員でも入社する前には入る前にしっかり念入りに調べて入社するようにすると言うように自分でもブラック企業を避ける努力は必要です。

ハローワーク求人票のチェックポイント

多くの人が訪れるハローワークの中でもブラック企業というのは存在するので見分けるポイントをご紹介したいと思います。

ハローワークに行ったことがある人がわかると思うのですが、求人票に書いてある内容とその後実際に面接した時に聞く内容ではあまりにも違いがあると言うのを感じたことがありませんか。

求人票にはハローワーク内には給料が3ヶ月間のボーナスが出ると書いてあるので応募したら実際には会社の業績によって出る時と出ない時があるなどと後から言われることなどでこれはよくある話ですからポイントとして押さえておくとよいでしょう。

さらにハローワークの求人票には給料が手取り15万~24万と言うように出ている場合、確実にその最低額以下の給料ということを知っておくと良いでしょう。

最近ではネット検索でも求人がたくさん出ているので、お仕事を探す時にはネットの転職サイトも視野に入れることも良い仕事出逢う可能性があるので是非お勧めしたいと思います。 

ブラック企業の見分け方

ブラック企業に就職しないためには事前にしっかりリサーチをしておき後から後悔しないようにすることも大切なのです。

ブラック企業は精神的に追い詰められるような会社で長時間酷使されて働くことでもありますが、このブラック企業に勤めると自分自身が無理なく長く働くことが難しくなってくるので最終的に仕事を辞めるかうつ病になって体を壊したりと言うような結末しか生まれません。

またブラック企業も簡単な見分け方というのがあるのですが、これは必ずポイントとして覚えておくようにしましょう。

例えば求人誌などをよく見てください。その中で何ヶ月も募集していたりする会社は労働環境が著しく悪く人間関係も劣悪なので出入りの激しい会社と言うのはいつでも人を募集しています。また良い人間関係好待遇などと言って地方まで募集を募り給料や入社祝金やプレゼントなどで釣ろうとする会社は絶対に避けるようにしましょう。

更ににひどいブラック企業は送迎を無くし自社で賃貸アパートなどを作り家賃まで自社で取るような会社のことをいいます。また派遣などの会社に勤める時は事前に2chなどの情報も実際に勤めていた人の生の声があるので参考にするとよいでしょう。

ハローワークが禁止するブラック企業の基準とは?

これから仕事を探すけど絶対にブラック企業は避けたいと思う人はハローワークがそういう企業自体を受理拒否している企業と言うのも知っておく必要があります。

ブラック企業とは求人票に書いてあることと実際採用された後の労働条件や労働環境が 全く話が違うというのはほぼブラック企業で珍しくもない話です。

またあまりにも悪い声のある企業はハローワーク側でも載せないようにしているようですね。

例えば残業代不払いのほか育児休業を取得させないなど企業は求人票自体を受理しないようにするハローワークも徐々にではありますが増えてきているようですね。

さらに有給休暇を使うことができる日数があるのに全く使わせない企業や有給休暇を取りづらい環境にもっていく企業は最近のハローワークでは撥ねられているようです。

ハローワークで仕事を探す時にも実際にはまだまだブラック企業は載っていますからっくり時間をかけてお仕事をさがすようにすると良いでしょう。